アイピア

こっそり教えます!基幹システムってこんなに種類があるの?導入する前に是非読んでください。

基幹システム 管理システム 種類

財務会計とは、企業が行う会計が2つありますが、そのうちの一つで、
企業活動の成果を損益計算書や貸借対照表などの財務諸表として外部の企業の報告することが目的としています。
ちなみに、もう片方の会計は管理会計です。

会計システムとは、財務諸表を作成する為の会計処理の記録や管理を行い、
主な機能としては下記の3つです。

・伝票入力機能
・決算機能
・帳票出力機能

財務会計システムの比較を見る

顧客管理システム

顧客管理システムはCRMと言われます。
以前は、顧客情報の記録を目的としたシステムを顧客管理システムといっていましたが、
最近では、顧客情報の記録はもちろんのこと、ナーチャリングによってやリード客を育成して案件化にしたり、
クロスセル・アップセルにつなげることを目的としてります。

顧客管理システムの比較を見る

営業支援システム

営業支援システムとは営業活動の支援で一般的にSFAと言われています。
かんばん方式で案件の進捗を管理したり、営業活動を効率的に透明性がある状態で共有ができるようになります。
案件別のチャットでの共有や資料の共有など営業活動に必要な機能に特化したシステムになっているマス。

営業支援システムの比較を見る

生産管理システム

生産管理とは、モノを作って売る製造業の中心部分となる一連の流れを無駄がないように効率よく進めるために管理することを指します。
生産管理にて管理しなければならない項目には、以下のものがあります。

生産計画
原材料や資材の購買
生産工程
過不足を出さない在庫
不良品を出さない品質
原価
納期

生産管理システムの比較を見る

購買管理システム

購買管理とはモノやサービスの生産、提供に必要な素材や製品を外部から調達する業務を管理することを購買管理と言います。そして、購買管理を自動で処理してくれるのが購買管理システムです。
システムを活用することで、情報が一元管理され、工数削減や伝票の削減などの効果があります。

購買管理システム

販売管理システム

販売管理の基本は、下記になります。
・何を
・誰に
・いつ
・どこで
・どれくらい
・いくらで

販売業務には基本的な流れが存在し、それらを適切に管理するシステムが販売管理システムです。販売管理システムは、見積から受注、出荷、納品、検収、請求、入金などを網羅的に管理することで業務の効率化を図ります。

販売管理システムの比較を見る

在庫管理システム

小売や製造業など「モノ」を扱う企業は必ず「在庫管理」が必要です。
在庫管理は会社を経営する上で重要で、在庫が無いとお客様に提供することができませんし、在庫が多すぎると支払だけが増え、企業の経営を圧迫します。

また、在庫管理の考えは在庫だけではなく、会社の設備や備品などにも使えるので、すべての会社で在庫管理の考えは押さえておくとよいでしょう。

在庫管理システムの比較を見る

人事管理システム

文字をそのまま訳すと「人」の「事」を管理するという事ですが、
企業においては、求人募集から始まり、採用、配置、移動、評価制度、教育、労働時間、賃金、福利厚生、退職など雇用~解雇までの一連を管理することが、人事管理です。

人事管理システムは、社員に関する上記の内容を一元管理し、給与計算、人事配置や人事教育など管理することができます。

人事管理システムの比較を見る

給与管理システムとは

給与管理システムとは、給与、保険、税金の計算を自動化して給与計算の業務効率を改善するシステムです。
また、勤怠管理との連携や銀行への支払いデータの作成を簡易にします。

給与管理システムの比較を見る

勤怠管理システムとは

働き方改革の影響もあり、労働時間の正確な把握が求められています。
出社、退社、休暇や休日など勤怠
最近はクラウドの勤怠管理システムを導入する企業が増えてきています。

勤怠管理システムの比較を見る

オールインワンシステム アイピア

基幹システムと言っても様々なシステムに分かれるという事がお分かりいただけたと思います。
これらのシステムを全て導入しようとすると費用的にも操作を覚える時間的にも大変です。
そこで上記の管理システムが一つにまとまったシステムをご紹介いたします。

クラウド経営管理システム「アイピア」です。

【特徴】
・財務会計、顧客管理、営業支援、生産管理、購買管理、販売管理、在庫管理、給与管理、勤怠管理の機能がオールインワンになっている
・低価格で高機能システム
・充実のサポート

多くの機能がオールインワンになることで、それぞれの機能が連携し、業務効率が大幅に向上します。

アイピアの詳細はこちら

おすすめ記事

  1. CRM 顧客管理 導入 システム
  2. ERP 基幹システム 改善 
  3. 基幹システム 比較 導入 目的別
  4. 顧客 クラウド
PAGE TOP