顧客管理

【工務店向け】現場写真の管理はスマホアプリ×顧客管理システムで行おう

工事写真の管理や写真台帳の作成は、いつの時代も「面倒な業務」の筆頭に挙げられます。
最近はスマートフォンで施工写真を管理できるアプリが多く登場していますが、
そもそも写真管理とはどうあるべきなのでしょうか?

現場写真や工事写真の管理、写真台帳の作成はどうしてる?

Excelやフリーソフトは論外

かつてメジャーだった方法といえば、デジカメで撮った写真をExcelやWordなどのOfficeツールに
貼り付けたり、パソコンで使うフリーソフトに張り付けたりするものでした。

これらの方法は、もはや論外です。
今なおこの方法を取っておられる工務店があれば、すぐに変更を検討するべきです。

工事写真は工務店にとっての財産です。
打合せや報告用の台帳だけでなく、工事事例としてすべての工事写真は蓄積し続けるべきです。

ところがExcelなどのOfficeツールでの蓄積は、パソコンのハードディスクや
印刷して冊子として保管するために保存容量に限界があります。
また、台帳を作成するためにわざわざ帰社して作業する必要があるケースもあります。

慣れた方法があって1番早い手順を持っているつもりでも、
振り返ってみると実は意外な無駄時間を容認してしまっていることがあるのです。

写真管理をするだけなら、スマホアプリを使おう

写真管理を行うために帰社する、というナンセンスを振り払うために
まずは現場でスピーディに使えるスマホアプリを検討してみましょう。
重要なポイントは以下の3点です。

【スマホアプリを選ぶポイント】
1.写真台帳の自動生成ができる
2.クラウドを活用したデータの保存・共有ができる
3.国土交通省認可アプリである

とくに3つ目について、国土交通省での認可がないアプリについては
「データ改ざんの恐れがある」とされ公共工事での使用が許されません。自社で行う工事種類によっては
重要なポイントになるので、忘れずにチェックしておきましょう。

おすすめスマホアプリ3選

蔵衛門工事黒板

「蔵衛門工事黒板」の画像検索結果

電子小黒板業界でシェアNo.1を誇る蔵衛門工事黒板のスマートフォン連携版です。
スマートフォンで撮った写真が自動的に台帳として生成されるうえに、クラウドツールであるため
場所を選ばずに編集が可能です。事務所に帰社する手間が省けますね。

ミライ工事2

「ミライ工事2」の画像検索結果

ミライ工事2は、アプリで台帳の作成で完結することを売りにしています。
電波の届かない場所でも操作ができるオフラインモードや、クラウドを通じて複数人でのデータ共有も可能です。
台帳の自動生成も含めて、これらの機能が無料で使えるというのは強みですよね。

写真管理は顧客管理システムと連動するのが理想

出先で使える、帰社しなくていいというポイントでスマホアプリを紹介しましたが
本来工事写真は顧客管理システムで管理するのが理想です。

工事写真を記録していく際、現場の情報やお客様の情報を記録する必要がありますが
そういった情報は顧客管理システムに集約されているので、工事写真もそこに連動させておけば
過去事例として工事写真を蓄積させていくことができます。

ただ、顧客管理システムは工事写真の管理や台帳の作成をスマホアプリから行えない
ことが多く、登録や編集の手間的に連動が難しいケースがあります。

スマホアプリを使った現場写真管理ツールのほうに、データの吐き出し機能があるか確認しましょう。

おすすめ記事

  1. 建築 リフォーム 原価管理 粗利管理 システム
PAGE TOP