営業支援

営業マンが知っておくべき「サスペクト」と「プロスペクト」とは

営業マンの方なら、名刺交換した方にメールを送ったり
会社の名簿に対してテレアポを行う事があるのではないでしょうか?

ですが、ただ漠然と電話したりメールしたりするだけでは
期待している効果は得られないかもしれません。

実は、数ある名簿も大きく分けて2種類に分類することが出来ます。
この分類を知っていれば、営業活動を少し効率化することが可能です。

今回は、営業活動を効率化する顧客分類
「サスペクト」と「プロスペクト」を紹介します。

サスペクトとプロスペクトとは

「お客様 営業マン」の画像検索結果

サスペクトとプロスペクトは、それぞれマーケティング用語です。
それぞれの言葉に明確な定義は存在せず、業界や企業によって
さまざまな解釈があります。

多くの場合に使われる意味合いは、
サスペクトは「潜在顧客」でプロスペクトは「見込み客」という使い方です。

サスペクト=潜在顧客とはつまり、まだ貴社のサービスを購入するか分からない状態のお客様。

  • 貴社の誰かと名刺交換をする
  • 懇親会や勉強会で貴社の誰かと会ったことがある

上記のようなことを通じて一応貴社のことを知ってはいるものの、
現時点では課題やニーズが明らかになっておらず
貴社の商品・サービスが必要であることに気が付いていないうえに
それに気づくきっかけすらまだ持っていないお客様です。

一方プロスペクト=見込み客は「顧客候補」と言い換えられることもあり
貴社の商品やサービスを購入する候補として有力なお客様を指します。

  • 情報サイトへのメルマガ登録
  • セミナーなどのイベントへの参加
  • テレアポを受ける

サスペクトと違って、上記のような「気づくきっかけ」を体験していて、
貴社からアプローチをすることで検討してくれるかもしれない方々です。

サスペクトとプロスペクトの違い

これにも様々な解釈がありますが、
自社の課題に気づくきっかけを持っているかどうか、という考え方はどうでしょうか。

サスペクト顧客は貴社のことを部分的に知ってはいるものの、
貴社が何をやっているか知らず、貴社から何かサービスを受けることなど
考えた事もない方々です。

そんな方々が、様々なアプローチを通じて
貴社のことを知っていけば、いずれ「商談」が出来る可能性が出てきます。

貴社がお客様の「課題」を伝えられる技術を持っていれば、
お客様が貴社との接点を持つことこそが
「自社の課題に気づくきっかけ」を得た=プロスペクト顧客になったと
言えるのではないでしょうか。

お客様と商談にいたるステージ

関連画像

サスペクト、プロスペクトはお客様と商談にいたるまでに
お客様が進んでいるステージを示しています。

まず、どんなお客様であれ「出会うこと」が必要です。
参加したイベント、勉強会などいろいろなところで名刺交換していませんか?
そんな時に得た名刺のお客様は「サスペクト顧客」と言えます。

そのサスペクト顧客に対して、テレアポやメルマガ等を通じて
少しずつ貴社のことを知ってもらいましょう。
お客様との関係性が出来て、貴社からお客様に連絡できる状態になったら
そのお客様は「プロスペクト顧客」と言えるでしょう。

とはいえ、プロスペクト顧客がすぐ商談化したり契約したり
してくれるわけではありません。

インサイドセールスやメルマガ配信などの「啓蒙活動」を続けることで
少しずつ、お客様にとっての課題を明らかにしていきましょう。

まとめ

今回は、「サスペクト」「プロスペクト」という言葉を紹介しました。
こういったマーケティング用語は横文字ばかりで
あまりなじみがないかもしれませんが、
「貴社からお客様に連絡できるお客様なのかどうか」という目線で
まずは連絡できる状態にする、それから課題感について伝えていく、という
ステップを理解しておくだけで、営業活動は十分に効率化できます。

 

 

おすすめ記事

  1. 工事請負契約書とは?リフォーム会社のための作成ポイント