アイピア

【分かる!】生産管理とは?知っておきたい基本情報

生産管理 システム 方式 製造

生産管理とは?

生産管理とは製造業などモノを作る業界で重要な管理の一つです。
製品の計画から始まり、製造を行い、商品が市場に出るまでを管理することを生産管理といいます。
生産管理といって、なんとなく意味合いは分かるが、具体的にどういった管理をするのか分かりにくいところがあります。

そこで今回は生産管理について分かりやすく説明していきます。

生産方式の違い

ライン生産

ライン生産とは、ベルトコンベアで製品を移動させながら、工程ごとに組み立てや取り付けなどの
作業を行って製品を完成させる生産方法です。一般に見込生産と呼ばれます。

セル生産

セル生産とは、1人または複数名で1つの製品を完成させる生産方式です。
ライン生産のように繰り返し作業ではなく、1人で複数の工程を行います。
スキルが必要な製品や複雑な製品を作る際に行わわれる生産方式です。

ロット生産

ロット生産とは、決められた数量(ロット)ごとに製品を生産する生産方式です。
1つの製品をロット数生産したら、別の商品の生産に移ります。
一定の数量ごとに生産することで、ロスを抑えることが可能です。

個別生産

個別生産とは、受注の内容に応じて生産を行っていく生産方式です。
簡単に言うとオーダーメイドの生産方式です。
製品だけではなく、リフォームや新築なども個別生産で作られます。

生産管理システムの主な機能

生産計画
資材計画
在庫管理
工程管理
原価管理
販売管理
品質管理

生産管理業務とは

生産計画

生産計画とは製造に関わる全ての計画を立てることです。
会社の経営方針や市場の需要に基づき販売の計画と連動した生産を行う必要があります。
材料調達から始まり、工程の管理や在庫管理なども生産計画に含みます。

材料調達

製造を行うためには材料が不可欠です。
材用を販売計画に沿って製造ができるように材料の仕入れを調整と確保する必要があります。
調達する材料が少なければ予定通り製造することができなくなりますし、
逆に材料が計画より多く調達してしまうと余剰在庫を抱えることになります。
計画や製造状況に合わせて適切な材料の仕入れが求められます。

工程管理

工程管理はプロジェクトをプロセスごとに段取りをして、
計画の納期に沿って納品ができるように管理することです。

原価管理

原価管理を会社内で標準化させることで、人によってのバラツキや
低粗利・赤字を防ぐことができます。
また、見積作成機能と連携することで、素早く的確な見積書が作成することができるようになりなります。

販売管理

販売管理は販売活動(仕入れ・製造~受注~出荷・納品~請求~入金)に関わる管理を一元で管理する事です。業種や企業形態によって省かれるプロセスもありますが、
販売管理を行う事で、効率的に販売を行えるようになります。

在庫管理

在庫は多すぎても少なすぎても問題が生じます。
在庫が多い場合は、資金繰りを圧迫し、在庫が少ないと売上に影響が出てきます。
在庫管理については詳しい記事はこちらをご覧ください。

【参考記事】
・在庫管理をする際に知っておくべき分析手法と在庫管理システム4選

品質管理

品質管理は製造したものが規定の品質を保証しているかを管理します。
商品や作成日やロット別に管理することで品質を維持します。
品質管理をしっかりとしていないと企業の信用問題や顧客からのクレームの原因になります。

生産管理ができるアイピア

アイピアでは仕入れの管理や在庫管理、営業の進捗管理・見積作成機能や予算・発注、
原価管理や入出金の管理と生産管理を行う事ができます。

また、建築業に特化したアイピアもあります。

生産管理の導入を検討していましたらアイピアにお任せください。

 

おすすめ記事

  1. 諸経費 見積 建築 ツール リフォーム 業務改善
  2. 基幹システム 情報系システム 情報共有 比較
  3. ITコンサルタント 無料
PAGE TOP