原価管理

在庫管理をする際に知っておくべき分析手法と在庫管理システム4選

在庫管理システム4選-660x400

ABC分析

ABC分析とは、商品を売上高などの重要度によってABCに分類する方法で、重要分析といわれることもあります。

例えば、売上高割合の70%を占める商品をAグループに分類し、

残りの20%をBグループ、10%をCグループに分類します。

在庫回転期間

在庫回転期間とは、商品を仕入れてから販売できるまでの月日を見る指標です。

 

在庫回転期間が短いほど、仕入れから販売までの期間(在庫)が短いという事になり、

商品が回転している(よく売れている)ことを意味します。

在庫回転期間の算式

在庫管理 クラウド 管理システム

在庫回転率

在庫回転率とは年間で在庫が何回入れ替わった(回転したか)を見る指標です。

 

回転率が多い方が在庫が動いているので、売上になっていると言えます。

在庫回転率の算式

在庫管理 クラウド 管理システム

交差比率

在庫回転率に粗利を加えてのが交差比率です。

在庫回転率では、在庫の動き(回転)は分かるのですが、

その在庫がどのくらい儲かっているのかが分かりません。

儲けを見る場合は交差比率を活用します。

交差比率の算式

在庫管理 クラウド 管理システム

つまり

在庫が少なく粗利益が多ければ交差比率は高くなり、

在庫が多く粗利益が少なければ交差比率は低くなります。

交差比率の目安としては、

優:200%以上

良:150~200%

可:100~150%

不可:100%以下

活用方法:

交差比率 150 = 粗利率 25(%) × 商品回転率

商品回転率 = 150 ÷ 25 = 6

となり、年間6回転、2カ月に1回転が目安になってきます。

 

2つの発注方式

定期発注方式

定期発注方式とは、一定の期間を決めて期間ごとに都度、在庫量や需要量に応じて発注をする方法です。

発注する際に都度、在庫量を確認してから発注を行うので、出庫量が変動しやすい商品などに適しています。

また、定期的に在庫をチェックして必要分だけ発注するので、在庫が増えすぎたという事が少なく、

資金繰りの節約につながります。

ただし、消費量の見積や予測を間違えると在庫が多くなったり、逆に足りないといった事態になりますので、

重要になります。

定量発注方式

定量発注方式とは在庫量が事前に決めた数量(発注点)を下回った際に一定量の商品を

発注する方式です。

事務用品や一般市販品のように需要が安定している商品や、単価が安く消費量が多い商品などに

適した方式です。

発注点の管理とその際の発注量が重要になり、発注点を下回っていないか定期的な確認が必要になります。

 

在庫管理システム比較4選

Aladdin Office

在庫管理 クラウド 管理システム

特徴 ・様々な業種にも対応可能。
・導入実績5,000社超。
・同社の別システムと連携可能。
初期費用 要問合せ
月額費用 要問合せ

Orange Operation

在庫管理 クラウド 管理システム

特徴 ・ネイティブアプリによるスムーズな操作性とオフラインでも使用可能。
・様々な基幹システムと連携可能。
初期費用 要問合せ
月額費用 要問合せ

 

Web型 在庫管理システム みえぞう

在庫管理 クラウド 管理システム

特徴 ・複数拠点の在庫情報の一元管理が可能。
・引当や発注残を管理し、有効在庫数を自動算出。
・要望に合わせた導入形態を選択可能。
料金プラン 要問合せ
体験版 要問合せ

 

 

 

ZAICO スマート在庫管理

在庫管理 クラウド 管理システム

特徴 ・低コストで利用できる。
・会計ソフトとデータ連携できる。
・リアルタイムで情報共有。
初期費用 0円
月額費用 980円/月

 

※無料プランあり

関連記事

  1. ただ登録できるだけでは無意味!正しい勤怠管理システムの選び方
  2. 属人化原因と対策 【属人化】長期的に見るとリスクがある業務のやり方の原因と対策方法…
  3. 業務改善 ITツール 活用 情報共有 業務改善に活用できるITツール9選
  4. 業務改善11のポイント 【最初に見る】業務改善を行う際に知っておきたい11のポイント
  5. はじめての人事管理システム導入で失敗?5つの注意点とは
  6. ERP 基幹システム 比較 【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較
  7. 給与管理の基本!給与計算のやり方を振り返ろう
  8. 生産性 向上 業務改善 クラウドツール 情報共有 始めてのシステム検討に不安な方必見!生産性向上と業務改善ができる…

おすすめ記事

  1. 「PIA DMP」、CCIが提供する「BEYOND X PMP」へのデータ提供を開始
  2. ERPの導入効果とは 管理者・マネージャー・現場それぞれから見たメリットとは ERP 基幹システム
  3. 管理会計と財務会計の違いとは?企業会計の基礎を学ぶ!

おすすめ記事

はじめての人事管理システム導入で失敗?5つの注意点とは

御社では、社内の人事管理をどのように行っていますか?人材採用、社員教育など自社を成長させるポイン…

BitStarが総額13億円の資金調達を実施し、インフルエンサーが活躍できるインフラ構想を加速。事業会社と戦略的協業を開始

インフルエンサーマーケティングのトータルソリューションを展開する株式会社BitStar (本社:東京…

ホットリンク、SNSマーケティングツール「BuzzSpreader®」に2つの新機能を追加Twitterのフォロー&RTキャンペーン管理、Instagram画像へのハッシュタグレコメンド

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長内山幸樹、以下ホット…

建築 業務改善 アイピア 原価管理 顧客管理 システム 建築会社が業務管理システムを検討する際に気を付けるべきポイント

働き方改革や業務改善の推進が言われるようになり、多くの中小企業でも取り組みが広がっています。取り…

営業進捗を基幹システムで管理するメリットとは?

営業手法が年々変わってきています。昔は、その場ですぐに契約をする即決営業が主流となっていましたが…

クラウド 見積 ソフト 比較 見積ソフトを導入する際に知っておきたい!クラウド見積ソフトとインストール見積ソフトの違いとは?

最近では、見積書や請求書などの書類がクラウド上で作成できるツール・サービスが多く出てきま…

PAGE TOP