建築業に役立つノウハウ集

【建築業向け】工程表の書き方(無料テンプレート付き)

工程表テンプレート

工程表を作成する事は、現場の納期をしっかり守るために必要な作業です。
また、工事の進行状態や、人員の配置、作業日数なども正確に把握できるため、作業効率の向上にも繋がります。この記事では、工程表の書き方や種類の解説に加え、すぐに活用できる工程表のテンプレートもご用意しています。ぜひ参考にしてみてください。

工程表とは

工程表とは 
工程表とは一言でいうと「工期を守るためのスケジュール管理表」です。
工事の大きさに関係なくどんな工事でも工期を守るために計画を立てて作業の流れをつかむことが大切になってきます。

※工程表に関する詳しい記事はこちら

  • 施工管理システム

工程表の形式

手書きで作成する

手書きや紙面で保存しておく方法です。
手書きで作成すると自由なデザインで作成することができ、工事工程が頭に入りやすくなります。
電子機器上で作成する便利な方法もありますが、少人数での工事等の場合は、手書きの管理で十分でしょう。
手書きでの作成は、紛失する恐れがある為、電子データ等で保存しておくのをおすすめします。

Excelで作成する

Microsoft Excelを利用し作成する方法です。
手書きやWordと比べ、図表や図形等を利用しやすく、更なる時間の削減につながります。
またテンプレートを使うことで、工程表をより簡単に作成できます。

Excelテンプレート

Excel形式の工程表テンプレートです。
無料でダウンロードしていただけます。
ご自由にご利用ください。

工程表 テンプレート

※bizroute, Dropboxbusinessでも提供されています。
・工程表の無料エクセルテンプレート | 無料ダウンロード<bizroute>
・驚くほど簡単に建築工事の工程表が作れる無料エクセルテンプレート5選<Dropbox business>

Wordで作成する

Microsoft Wordを利用し作成する方法です。
手書きに比べ、作成に費やす時間や紙代などのコスト削減が見込めます。
またテンプレートを使うことで、工程表をより簡単に作成できます。

Wordテンプレート

Word形式の工程表テンプレートです。
無料でダウンロードしていただけます。
ご自由にご利用ください。

工程表 テンプレート_word

管理システムから発行する

管理システムなどから、簡単に工程表を発行することができます。
下記は弊社が提供している「建築業向け管理システム アイピア」です。
顧客管理、見積作成、入金管理、工程管理、労務費管理など様々な情報を一元管理できます。
また、工程表の入力から印刷まで誰でも簡単に操作できます
業務効率化を検討されたい方は是非一度ご覧ください。
アイピア

工程表の種類

代表的な工程表は、

①バーチャート工程表
②ガントチャート工程表
③グラフ式工程表
④出来高累計曲線(斜線式工程表)
⑤ネットワーク式工程表

の5種類あります。
※各工程表の具体的な違いに関する記事はこちら

バーチャート工程表

最も一般的な工程表です。
各工程の必要日数が明確になります。
タテ軸に作業項目、ヨコ軸に時間を記入します。
※Excelテンプレート、wordテンプレート、管理システムの工程表ともにバーチャート工程表
バーチャート工程表
※バーチャート工程表、ガントチャート工程表に関する記事はこちら

ガントチャート工程表

進捗率の把握に最適な形式です。
タテ軸に作業項目、ヨコ軸に進捗率を記入します。
ガントチャート工程表
※バーチャート工程表、ガントチャート工程表に関する記事はこちら

グラフ式工程表

バーチャート工程表とガントチャート工程表の両方の性質をもった工程表です。
タテ軸に進捗率、ヨコ軸に時間を記入します。

グラフ式工程表

出来高累計曲線(バナナ曲線)

過去のデータから下方許容限界曲線と上方許容限界曲線を設定し、それに基づいて予定工程曲線を決める工程表です。
過去データと比較しながら、進捗率を把握することができます。
タテ軸に出来高累計(進捗率)、ヨコ軸に時間を記入します。

出来高累計曲線

ネットワーク式工程表

上記の4つの工程表とは大きく違い、①を終わらせなければ②に進むことができないといったウォーターフォール型の作業で効果的に用いることができる工程表です。
全体的に難易度の高めな工程表だといわれています。
ネットワーク工程表

工程表を利用する際の注意点

工程表を利用する際「修正」の場面では注意が必要です。
どの工程表を利用する場合でも、修正作業に時間を割きすぎるのはあまりに非効率です
現場では、作成した工程表の中で、変更する作業が多すぎると工程表の修正そのものに時間がかかりすぎてしまいます。
その為、作業中は、工程表作成当初と工事完了後の記録にとどめて、当初目標との比較をする程度の使い方をしておくべきでしょう。

  • 施工管理システム

工程表に関する記事はこちら

まとめ

工程表のエクセルテンプレートはネット上で多く提供されています。
しかし、日々作業に追われている建築業の方にとって、工程表作成は大きな手間です。
原価管理や見積管理等別の業務と工程を一括で管理出来たら便利ですよね。
弊社が提供する、『建築業向け管理システム アイピア』は工程表の作成だけなく、見積管理、原価管理、発注作成、請求書発行、労務日報など多くの機能があります。
工程表と別の業務を一括で管理できますので、こちらも合わせてご検討ください。

おすすめコンテンツ

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ
PAGE TOP