業務改善

5Sで始める業務改善

生産性向上 5S 業務改善

5Sという言葉を一度は耳にしたことがあります。

やった方が良いということは分かっていてもなかなか出来ない・徹底できていない。のではないでしょうか?

5Sを徹底して行う事で業務改善して、生産性が向上していきます。

今一度、5Sの内容を再確認して自社で取り組んでみましょう。

5Sとは

5Sとは「整理」「整頓」「清潔」「清掃」「躾」の5つの言葉の頭文字で、

職場環境を改善することで、生産性の向上を目的としてスローガンです。

単に職場を綺麗にすることが目的ではありません。

それぞれの意味を見ていきましょう。

「整理」

業務に必要なモノだけを残し、不要なモノは処分します。

5Sでまず最初に行う項目であり、要になります。

整理ができていないと、以降の項目の効果は下がってしまいます。

「整頓」

動線や機能的な配置にモノの場所を定めることで、「探す」ムダを無くします。

モノの場所を明確にして共有する事です。

何処に、何が、どれくらいあるのかを明確にして共有することで、

モノを探す手間や発注のロスを防ぐことができます。

「清掃」

掃除をする行動の事です。清掃即行動。

また、清掃の際に設備の状態や在庫状況などを点検も含みます。

「清潔」

定期的に整理・整頓・清掃をすることで3つを維持すること

清掃をしなくても良い仕組みづくりを作り、清潔状態を保つ。

「躾」

上記の4項目を含め、決められた事を守るように習慣づけと教育をします。

躾ができていないと、4Sが抜けたり、やらない人が出てきたりします。

5Sで業務改善をするとは

5Sを行う事で、業務を行う際のムダを減らすことができます。

トヨタ式5Sでは「モノを探すのは仕事ではなく、ムダである」と言っています。

例えば、資料や書類などを探す手間で見ると

社会人は年間約150時間も何かしらのモノ(資料も含む)を探しているというデータがあります。

1日8時間労働で計算すると、約19日分(150時間/8時間)。

年間勤務日数が250日だとすると、1日平均36分(150時間×60分/250日)も探し物をしていることになります。

気づかないうちにかなりの時間を消費していることが分かります。

モノを探す以外では、人の移動でもムダを無くすという考え方は当てはまります。

例えば、クリアファイルを毎回取りに行く。ファックスを取りに言うなどです。

クリアファイルは各自常に数枚ストックしておく、ファックスはPCから確認できるようにするなどしてムダを省くことができます。

まとめ

資料や書類を探すムダはこれらはアイピアを導入することで解決できます。

アイピアでは、案件別はもちろんのこと、会社の資料として情報をクラウド管理することができます。

場所が様々なところに拡散しなくなるので、誰もですぐに確認できます。

また、アイピアで情報共有をすることで、キーワードや内容で検索をすることができます

共資料を探す手間が大幅に短縮されます。

アイピアは、顧客管理・案件管理・営業管理・原価管理・タスク管理・書類共有・経営分析など、

業務管理ができるクラウド基幹システムです。

[アイピアに問い合わせる]

関連記事

  1. 建築業 業務管理システム リフォーム 建築会社必見!業務フローにマッチした建築業向け業務管理システムと…
  2. プロジェクト管理 ガントチャート 業務改善 情報共有 ガントチャートツールを活用したらプロジェクト管理の業務効率は改善…
  3. 目標管理 フレームワーク OKR KPI OKRとは?限界突破する目標管理フレームワーク
  4. 生産性 向上 業務改善 クラウドツール 情報共有 始めてのシステム検討に不安な方必見!生産性向上と業務改善ができる…
  5. 属人化 見積 案件 情報共有 【属人化を防ぐ】活用シーンで見る営業の業務が見える化するアイピア…
  6. 1on1ミーティング 人材育成 コミュニケーション エンゲージメント 離職率 1on1ミーティングとは?シリコンバレーで使われる人材育成の手法…
  7. 会議のやり方 会議のやり方を改善して生産性を向上させる10個のアイデア
  8. 建築 業務改善 アイピア 原価管理 顧客管理 システム 建築会社が業務管理システムを検討する際に気を付けるべきポイント

おすすめ記事

  1. 経営理念の伝え方|社員に浸透する方法とは? 経営理念伝え方
  2. 生産性向上を本気でやる際に抑えておきたい事 生産性向上 業務効率化 業務改善 スキル習得 情報共有
  3. SFAとは?今更聞けない営業支援システムを導入する際の3つのポイント SFA 営業 支援 ツール アプリ

おすすめ記事

採用 求人 中小企業 中小企業が行うべき採用!戦略的に採用をするためのポイント

「求人募集をしているのに応募が来ない」「応募は来ているが求めている人材が来ない」といったこと…

見積書 有効期限 一般 注意点 見積書の有効期限はどれくらいが一般的?有効期限と設定する際の注意点

見積書を提出する目的まずは、見積書を提出する目的を確認しましょう。見積書は、正式な契約の前段…

業務改善11のポイント 【最初に見る】業務改善を行う際に知っておきたい11のポイント

業務改善とは働き方改革働き方改革とは、新たな政策として「希望…

属人化 業務改善 アイピア 具体例 属人化体質を本気で変えたくなったときは管理システム

属人化とは「企業などにおいて、ある業務を特定の人が担当し、その人にしかやり方が分…

建築業 業務管理システム リフォーム 建築会社必見!業務フローにマッチした建築業向け業務管理システムとは?

建築業の業務管理の現状建築業界では顧客管理や案件管理をするためのシステム導入は進んで…

基幹システム 比較 導入 目的別 【基幹システム簡単比較】自社にあったシステムを比較検討をしている人にお勧めしたい24種類のシステム

企業にとってどの基幹システムを導入するかを選択することは今後の成長に大きく関わってくる重大ことです。…

PAGE TOP