【建築業】進むIT技術の導入!その理由とメリットを徹底解説

【建築業】進むIT技術の導入!その理由とメリットを徹底解説

近年、建築業界では、人手不足の解消や業務の効率化を図るために多くの企業がIT化を進めています。

この記事では、建築業界がIT化するべき理由とメリットを分かりやすく解説します。
建築業のIT化が詳しくわからない方や、自社でITを進めようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

建築業界におけるIT化の現状


現在、建築業界では業務におけるIT化が進んでいます。建築業界には、人手不足や生産性の伸び悩みなど様々な課題があります。
それらを解決するために、IT技術の導入はかなり有効的だとされています。

建築業とITはもともと正反対なイメージがありました。

しかし近年建築業界で ITが普及しはじめていることで、業務効率化を図ることを可能にしています。
それに加え、建築業の課題を解決してゆくゆくは建築業界の中身ががらりと変わることが実現するかもしれません。

ICT化との違い

IT化とICT化はほぼ同じ意味ですが、若干の違いがあります。
ITは、業務に必要なデータや写真などをコンピュータ関連の技術で電子化することを意味します。一方、ICT化はコミュニケーションを重視しており、パソコンやタブレットなどの端末を通して情報を伝達することを意味します。

海外の建築業界ではARを使った設計や3Dプリンタを建築に用いていたりと、IT化よりICT化が普及しつつあります。
そのため、日本の建築が世界の建築と渡り合うようになるためには、ICT化の動きも無視することはできません。

  • 施工管理システム

建築業界がIT化するべき理由

ここでは、なぜ建築業界がIT化するべきなのかいくつかの理由を説明します。

人手不足の解消

建築業の人手不足

建築産業の現状と課題(国土交通省)より

建築業の需要は高まる一方、建築業界の人口はどんどん少なくなっています。
建築業における高齢化は進んでおり、10年後には60台前後の技術者は大半が引退してしまいます。
そのため、若者の育成と中長期的な担い手の確保が課題となっています。

業務効率化

建築業には様々な業務があり、ひとつひとつが複雑です。

IT化があまり進んでいない会社では、業務を全て人の手で行っているところもあります。
それでは、業務に時間と手間が永遠にかかってしまい、効率化は図れません。

IT化を進めることで建築業の業務の効率化が可能になってきます。

3Kイメージ払拭

3kイメージ

建築産業の現状と課題(国土交通省)より

建築業にはハードな労働環境のイメージと、勤務時間が長い、給料が低い、休日が少ないなど雇用条件がほかの業種よりも良くない実態もあります。

「きつい、危険、汚い」これを建築業の3kイメージと呼びます。
これを新3kイメージの、「給与、休暇、希望」に変えていくことが今の課題となっています。

建築業界がIT化するメリット

次に、建築業界がIT化するメリットを5点紹介します。

中にはITという言葉自体になじみがなく、中身が難しそうと思う人や、変化を嫌う人もいるかもしれません。
ここで紹介するメリットを見て、ぜひIT技術の導入を考えてみてください。

データの共有がしやすい

工事に関するすべての情報をクラウド上で管理すれば、必要な時に必要な情報を従業員が瞬時に確認することができます

営業・現場・経理などすべての役割の進捗状況を共有できるので、情報が伝わりやすくなります。情報の伝達がスムーズに行えることで作業効率を向上させることができます。

情報管理の品質を向上させるためにも、必要なデータをIT化するとよいでしょう。

資料整理にかかる時間が節約できる

必要なデータをクラウド上で管理することで、優先するべき作業が可視化できます。
資料や書類の作成時間も短縮できるので作業全体の効率化を図れます。

たくさんの書類を現場など外に持ち運ぶ手間もなくなるので、重要なものを紛失してしまったりどこに行ったか分からないという事態も防止できます。

コピー用紙やインク代のコストが削減できる

建築業界のIT化が、コピーやインク代のコスト削減に繋がります。

工事に必要な写真や図面を印刷するとなると、コピー用紙やインク代が高くなってしまいます。
それをIT化してPCやタブレットで管理すれば、印刷にかかる経費が少なくなります。

また、データや写真、図面の管理も簡単で見やすくなります。

従業員の安全面・健康面を管理しやすい

今まで人が行っていたことをコンピューターができるようになれば、従業員が危険な目にあうことを回避できます。
まただれがどの作業をしているのかが一目でわかるため、監督による現場の状況把握もしやすくなります。

クラウド上の業務効率化システムでは、作業員の勤怠管理もできるため、従業員が多かったり持っている現場が多い会社であると非常に役立つでしょう。

移動時間が減らせる

今までは現場に問題があったり打ち合わせをするとなった場合に、その場所まで関係者が足を運ぶ必要がありました。
ITを導入すれば、システム上で現場の進捗や問題がないかを会社から、または仕事がない日でも家から確認できます。

また、インターネットを介して会議、打ち合わせを行うことで、集まる手間やコストがかからなくなります。

  • 施工管理システム

IT化で建築業務を効率化しよう

ここまで建築業でIT化が必要な理由やメリットをご紹介しました。
では具体的にIT化とはどのように行えばよいのでしょうか。
この章では、業務管理システムの導入に関して詳しくご紹介します。

業務管理システムの導入

業務管理システム
建築業向けの業務管理システムを使うことで、顧客管理、見積作成、原価管理、工程管理などあらゆる業務が1つのシステムの中で全て行えます
煩雑になりやすい進捗状況や書類、ファイルも一元化・見える化できます。営業、事務、経理、現場、管理者とあらゆる関係者の業務効率が改善可能です。
業務を行う担当者の負担が少なくなるため、人件費の削減や業務にかかる時間の短縮などあらゆるコストの削減にも繋がります。

業務管理システムのメリット

業務管理システムを導入することで得られるメリットは様々です。
この章では、メリットを2つご紹介します。

PCが苦手でもすぐ使いこなせる

最新のシステムではPCやスマホのスキルに関わらず誰でも直感的に操作できるように、画面レイアウト・ボタン配置を工夫しストレスフリーな操作が可能です。
不要な機能を非表示にする、入力項目数の変更調整を通じて余計な情報が目につくのを防ぎます。PCが苦手でもすぐ使いこなせる操作性で、幅広い年齢層の方が使うことができます。

クラウドのシステムの場合、インターネットが繋がる環境なら場所やデバイスを選ばずに利用することができます。
出張先で部下が作成した見積書を承認、客先訪問前にスマホで顧客情報をチェック、商談後も帰社せず出先で見積作成など幅広い業務シーンで作業負担を軽減できます。

安心のサポート制度

導入後の電話やメールのサポートも充実しています。
必要に応じてリモートでの操作研修も行ってくれるため、導入したものの使いこなせるか不安といった方も安心して使えます。

建築業向け管理システム アイピア

建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア

アイピアは、クラウド上で、建築業に必要な機能が揃った一元管理システム。
建築業の業務を大幅に効率化できる様々な機能があります。
また、『簡単に使える』『圧倒的な費用対効果』が特徴です。
無料体験デモを実施しています。是非、体験してください。


まずは、体験デモで使用感を体感してみませんか?

まとめ

今回は建築業界におけるIT化の現状とIT化するべき理由やメリットについてお話ししました。

建設業の課題を解決し、業務を効率化するためにはITの活用が有効です。
今までITをどこか遠い存在に思っていた方も、この記事を通して建築業界でのIT化に少しでも前向きな姿勢になれたことだと思います。

弊社のシステム「アイピア」では、建築業の業務管理がクラウド上でできるため、大幅なコストカットと業務効率化が可能です。
ぜひ、導入を検討してみてください。

"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

AIPPEAR NET 編集部

side bnr

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ