アイピア

クラウドERPとは?|導入する企業が急増している理由

ERP 基幹システム 業務効率 情報共有 顧客管理 原価管理

このページをご覧いただいているあなたもその一人ではないでしょうか?
クラウドの管理システムとして有名なのはCRM(顧客管理システム)やSFA(営業支援ツール)ですが、ERP(基幹システム)のクラウド化が進んでいます。
ガドナージャパンの調査によると

これによると、現在のところ「ERPはクラウドでは利用しない」とした企業が73.8%に上った。
しかし、5年後には24.8%、10年後には15.6%と急減することが分かった。
また、「自社運用型ERPのほとんどをクラウドERPに置き換える」とした企業が現在の4.3%から10年後には28.0%と近くに増加する傾向にあることも判明した。

引用:https://japan.zdnet.com/article/35096651/

大手企業はもとより、中小企業でも今後クラウドERPを導入する企業が増えてきます。
そこで、導入を検討している方向けにクラウドERPを導入するメリットやデメリットを分かりやすくまとめましたので、参考にしていただけばと思います。

クラウドERPとオンプレミスERPについて

そもそもERPとは?

簡単にERPにつてご説明いたします。
ERPとは一般的に「総合業務管理システム」や「統合業務パッケージ」と言われており、企業が所有する「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」を管理・活用することで企業の経営効率を向上させるという概念です。

その考えを達成するためのシステムを「ERPシステム」や「ERPパッケージ」と呼ばれています。

 

詳しいERPの説明についてはこちらをご覧ください。

現在の主流はオンプレミス型ERP

現在のERPの主流はオンプレミス型のERPです。
オンプレミス型とは自社でサーバーを保持しプライベートネットワーク内でERPを運用することです。
ERPは業務全般の情報を一元で管理をするの為、膨大なシステムのなることと、企業によって管理方法が変わるため、カスタマイズを行うこと。

さらに、セキュリティ面でクラウドに情報を保管することが心配ということもありクラウド型よりもオンプレミス型が適しているとされてきました。

クラウドERPを導入する企業が急増

近年クラウド技術の進展により、ERPのような膨大なシステムもクラウドで管理・運用することができるようになってきました。
セキュリティ面では他の分野でクラウドを使用することが多くなりクラウドで管理をしていくことへの不安はなくなってきました。
また、費用面でオンプレミス型ERPよりクラウド型ERPの方が、抑えることができるため、クラウドERP導入を検討する企業が増えてきました。

コスト面での比較をまとめました。

オンプレミス クラウド
初期費用 数百万 数万円~
運用コスト 0~数十万円 数万円~数十万円
アップグレード 数十万円~数百万円 0円

ERPの歴史についてはこちらをご覧ください。

クラウドERP導入のメリットとデメリット

オンプレミス型ERPと比べてのクラウドERP導入のメリットとデメリットを確認していきます

クラウドERPの導入メリット

1.導入コストと導入期間

オンプレミス型の場合、買切りのため初期導入費は高額になってきます。
クラウド型ERPは0円のところもあり、スタートアップしやすい環境であります。
また、オンプレミス型とは違い、インフラなどの整備をする必要がないので、導入までの期間としても数週間~1カ月ほどで導入可能なシステムが多く、すぐに運用をスタートすることが可能です。

2.運用コスト

オンプレミス型ERPの場合、初期費用が高いがその後費用がかからない。
と思われている企業が多いですが、自社でシステムの運用をする必要があるため、サーバの管理やシステムに詳しい人材の確保、バージョンアップやパッチの適用などオンプレミス型ERPを導入した後でも費用が発生してきます。

クラウド型ERPの場合は、定額で費用が発生しますが、サーバ回りの作業はベンダーやサービス会社が行いますので、費用が掛かりません。
また、バージョンアップなどの費用もかからないシステムがほとんどです。

3.どこからでも入力

インターネット環境とPCやタブレット・スマホがあればクラウド型ERPは入力・閲覧が可能です。
場所や時間にとらわれずに入力することができます。

クラウドERPの導入メリット

メリットとデメリットは表裏一体です。
費用面も企業の規模によっては、月額費用が高額になる場合もありますし、クラウドの最大のメリットであるどこからでも見ることができるということが、デメリットにもなります。

企業にとって上記の内容がメリットになるのか?それともデメリットになるのかを判断して、オンプレミス型ERPにするのかクラウド型ERPにするのかを決めるのがよいでしょう。

もう一つの選択肢ハイブリットERP

ハイブリットERPとは、本社で稼働している大規模なERPとは別に各拠点(グループ会社・店舗など)は業務や規模に応じて最適なERPシステムを導入して本社のERPと連携させるというものです。

例えば本社ではオンプレミス型ERPを導入して各拠点ではクラウドERPを導入して運用するといった形です。
理由としては、本社としては必要な機能でも、各拠点では必要ない機能だったり、

運用を統一するために無駄な入力をする必要が出てかえって手間がかかるということがあります。
そういった場合はハイブリットERPという選択肢もご検討ください。

クラウドERP比較5選

クラウドERP freee|伸びている会社はバックオフィスも攻める

初期費用 要問合せ
月額利用料 年間39,800円
無料トライアル 要問合せ

Oracle ERP Cloud|データベースで有名なオラクルのERP

初期費用 要問合せ
月額利用料 要問合せ
無料トライアル 要問合せ

アイピア|経営を導き助けるクラウドERP

初期費用 120,000~
月額利用料 30,000~/月
無料トライアル あり

クラウドERP ZAC|プロジェクト収支を、見える化

初期費用 要問合せ
月額利用料 50,000~/月+月額利用料×1.5%
無料トライアル あり

CAM MACS|クラウドではじめるERP

初期費用 35,000~
月額利用料 35,000~/月
無料トライアル なし

まとめ

いかがでしたでしょうか?
オンプレミスのシステムにするのかクラウドのシステムにするのか?は
ERPに限らず、あらゆるシステムで起こりえる問題です。
「自社はどちらがいいのか?」をしっかり検討しましょう。

おすすめ記事

  1. 建築 業務改善 アイピア 原価管理 顧客管理 システム
  2. 業務改善11のポイント
PAGE TOP