アイピア

【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較

ERP 基幹システム 比較

CRM(顧客関係管理)・SFA(営業支援ツール)ERP業務システムといっても様々なシステムがあります。

大手企業では当たり前のように何かしらのシステムを導入して業務の効率化を行っていますが、
中小企業ではまだまだシステムの導入率は高くなく、マンパワーに頼っています。

そのような状況から抜け出すことができるかもしれない業務システムの中から今回はERPについて、
ERPの導入のメリット・デメリットや会社の規模別のオススメERPを比較します。

1.いま注目されているERPとは?

ERPとは「Enterprise Resource Planning」の頭文字をとったもので、日本語に直訳すると「統合業務基幹システム」となります。
統合業務基幹システムとは、企業が有する人材や資金や設備や情報などを総合的に管理して業務の効率化や経営を行うために必要な情報を確認することができるシステムです。

ERPは大きく分けてオンプレミスパブリッククラウドハイブリッドクラウドに分けることができます。では、具体的な機能について確認していきましょう。

1-1.具体的な機能

  ・顧客管理
  ・営業進捗管理
  ・受注管理
  ・原価管理
  ・入金管理
  ・在庫管理
  ・プロジェクト管理
  ・人材管理
  ・マーケティング管理
  ・BI

全てのERPに上記の機能が揃っている訳ではないので、自社で必要な機能が網羅しているERPを選択しましょう。

2.導入のメリットは?

2-1.情報の一元化

多くの会社では、顧客情報は顧客システムで管理をして営業管理は別の営業支援ツールを使っています。また入出金の管理は経理がまた別の会計システムを使うなど、各部門がそれぞれのシステムを使っています。

それぞれの部門や業務では使い勝手の良いシステムがあり部分最適化されていますが、会社全体で見たときに再入力や加工の手間が発生してきます。多くの場合、数字が合わず原因の追究やすり合わせ・修正が必要となってきます。

ERPを導入することで、それぞれの部門や店舗で入力した情報が会社全体に共有され最終的には会計や経営に必要な情報としてまとまり、全体最適化を行うことができます。

2-2.業務効率の向上

受付・営業・生産・会計・経営で各々が入力した情報が企業内で一元管理できます。最初に入力した情報を活用することができるので、再度入力する手間や各部署に内容を確認する手間が減り、業務の隙間の無駄を省くことができます。

2-3.場所や時間にとらわれず入力ができる

クラウドERPを導入することで、ネット環境が整っている端末さえあれば出先でも情報の確認や入力を行うことができます。
営業は商談の内容を出先で入力することができて、入力した内容をすぐに上長や事務所で確認することができます。

2-4.迅速で正確な経営が可能になる

IT化やグローバル化が進む現代は迅速な経営判断が求められています。
ERPを導入することで、経営状況がリアルタイムで確認することができます。
年間ごとに情報を確認していては他業者に先を越される場合があります。
ERPを使えば経営状況に必要な売上や原価の数字を確認できますので、月ごとの動向を確認しながら経営を行うことが可能になります。

3.デメリット・確認すべきポイントは?

3-1.システム選定に時間がかかる

ERPシステムといっても海外製・国内製を合わせると多くあります。
機能の有り無しや、オンプレミスとクラウドも考えると自社にあったERPシステムを選定するのは大変です。

また、基幹システムになりますので、導入して「やっぱり駄目だった」からといってすぐに変更するということもなかなかできません。
経営サイドと現場サイドの両方が納得したERPシステムを導入しましょう。

3-2.セキュリティ対策

クラウドERPの場合、どうしてもセキュリティの不安が付きまといます。
外部に自社のデータを置くことになるので、サイバー攻撃や情報漏洩といったリスクは否定できません。

しかし、自社サーバの場合でもネットにつながっていた場合は同じようにサーバ攻撃や情報漏洩のリスクはありますし、
さらにサーバの物理的故障なども起こりえますので、現在はきちんとセキュリティ管理をしているクラウドの方が安全とも言えます。

4.中堅企業向けオススメERP比較

4-1.クラウドERP freee

【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較

初期費用 要問合せ
ランニングコスト 年間39,800円
無料トライアルの有無 要問合せ
問合せ先 https://www.freee.co.jp/cloud-erp/

請求書の発行・受け取り、勤怠入力など会計・人事労務のバックオフィス業務を一元管理することで、業務の効率化を実現したシステムです。

4-2.Oracle ERP Cloud

【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較

初期費用 要問合せ
ランニングコスト 要問合せ
無料トライアルの有無 要問合せ
問合せ先 https://www.oracle.com/jp/applications/erp/

中小企業、中堅企業、およびエンタープライズ向けのERPとして制作されています。

会計・FP&A・収益認識・リスク管理・ガバナンス・コンプライアンス・調達・プロジェクト計画・税金レポート・決算など多くの機能があり財務回りに強く、機能拡張も可能なので会社の規模によって拡張することも可能です。

4-3.Microsoft Dynamics 365

【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較

初期費用 要問合せ
ランニングコスト 要問合せ
無料トライアルの有無 あり(30日間)
問合せ先 https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/

インサイトで販売店を支援し、関係のパーソナライズ、お客様のニーズを予測することにより売上増加につながります。MicrosftのERPなので、その他のMicrosoft製品との連携が可能です。またインターフェースが見慣れているので、新しい画面のハードルを下げることが可能です。

5.中小企業向けERP比較

5-1.クラウドERP ZAC

【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較

初期費用 要問合せ
ランニングコスト 月々50,000~ + ライセンス費用×1.5%
無料トライアルの有無 あり(30日間)
問合せ先 https://www.oro.com/zac/

プロジェクトの収支を見える化」というキャッチフレーズの通り、販売管理、購買管理、在庫管理、勤怠管理、工数管理、工程管理、経費管理を統合して管理することで、プロジェクト別の収支管理を中心に経営管理、経営予測を行うことを可能にしています。

5-2.クラウド経営管理システム Aippear(アイピア)

【2018年版】業務改善に役立つツール9選と目的に沿った選び方ポイント

初期費用 120,000~
ランニングコスト 月々30,000~
無料トライアルの有無 あり(30日間)
問合せ先 https://www.aippearnet.com/

基本的なERPの機能とPDCA機能やメンタルヘルス機能があり、マーケティングや社員の成長にもフォーカスをあてた独自な考え方をMLA(Management Leading Assistant)としています。

5-3.NetSuite

【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較

初期費用 要問合せ
ランニングコスト 要問合せ
無料トライアルの有無 要問合せ
問合せ先 http://www.netsuite.co.jp/products/erp.shtml

世界中で40,000を超える企業や組織で利用されているERPシステムです。拡張性に優れていて機能の追加やカスタマイズが可能です。

6.小規模企業向けERP比較

6-1.Reforma PSA

【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較

初期費用 0
ランニングコスト 月々36,000~
無料トライアルの有無 要問合せ
問合せ先 https://www.oro.com/reforma-psa/

販売管理、購買管理、勤怠・工程管理、経理管理を統合して管理することで、案件・プロジェクトを管理することが可能。費用も初期導入費が0と始めやすい価格帯です。

6-2.iDempiere(アイデンピエレ)

【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較

初期費用 0
ランニングコスト 0
無料トライアルの有無 あり
問合せ先 http://www.neosystem.co.jp/

フルオープンソースによる低コスト導入・運用が可能。購買管理、在庫管理、販売管理、生産管理、会計管理、顧客管理といった基本的な機能が実装しており、部分機能だけを使うこともできるのでスモールスタートすることができます。ただし企業からのサポートやセキュリティ面の担保がないので、自社にシステムを管理できる担当者がいる会社さまにおすすめです。

6-3.CAM MACS

【保存版】今注目されているERPを企業別に徹底比較

初期費用 35,000~
ランニングコスト 35,000~
無料トライアルの有無 なし
問合せ先

特徴:企業規模に合わせてライト・ミドル・プレミアムから自社にあったERPを選択することが可能。価格的なスモールスタートから、会社の成長に合わせてカスタマイズができます。

7.まとめ

今後ますますIT化が進んでいき、業務の効率化やスピードが求められる社会になっていきます。ERPのようなシステムは他社よりも早い時期に導入することで、大きな差が生まれるでしょう。まだ紙媒体やExcelなど汎用的なツールを使用しているのでしたら他の会社はまだ導入していないから大丈夫ではなく、導入していないからこそ今の内に導入を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事

  1. 生産管理 システム 方式 製造
  2. 業務改善事例