リフォーム・レンジフード 種類と機能・業者の選び方を解説 

リフォーム・レンジフード 種類と機能・業者の選び方を解説 

キッチンの汚れのほとんどが調理の際に出る油煙です。
レンジフードはこの油煙を吸い込み換気することで、キッチンを清潔に保つことができます。

今回は、そんなレンジフードの種類や機能、リフォーム工事を行う際の業者の選び方を解説します。

レンジフードの種類

レンジフードは従来、こまめに掃除が必要でしたが、掃除の必要の無いタイプも出回るようになりました。
ここでは、どんな種類や機能のレンジフードあるのかを紹介していきます。

ブーツ型

一昔前はスタンダード型と呼ばれた一般的な形で、レンジフードといえばこの形を思い浮かべる人も多いと思います。

換気扇としての性能は優れていますが、スロットフィルターと呼ばれるフィルターの掃除に手間かかるため、他の機種にリフォームされることが多くなりました。
効率良く排気ができる機能を持ち、シンプルな形でどんなキッチンにも合わせやすいデザインが特徴です。

また、このタイプは換気扇とフードが一体となっている他の3つのタイプと違い、昔ながらのプロペラ型の換気扇に、フードを後付けすることができます。

フラット型

「平型」とも呼ばれるフラット型のレンジフードは、薄いコンパクトな形をしています。

ブーツ型のレンジフードと同様に、フィルターの定期的な掃除が必要です。
ただ、他の種類と比べて高さがないので、天井が低い場所や狭い場所に設置できるメリットがあります。
ブーツ型のファンは斜めに取り付けられているのに対し、フラット型のファンはガスコンロと平行に取り付けられているため、掃除の際に真上を向いて作業しなければならないのがデメリットです。

スリム型

「薄型」とも呼ばれるスリム型は、最新型でそのデザイン性の高さから、インテリアとしても人気があります。

また、スリム型の大きな特徴は掃除のしやすさにあります。
レンジフード内部の構造に溝や繋ぎ目をなくすことで、掃除がしやすくなります。また、目の細かいフィルターではなく、穴がなく汚れがつきにくいプレートタイプやノンフィルタータイプもあります。

他にも、汚れのつかないコーティングや自動お掃除機能など、さまざまな工夫が施されているタイプもあります。

ファルコン型

曲線のフードの形状に特徴があります。
低い位置から煙を導くので上昇気流が発生しないIHクッキングヒーターに適しています。本体が低く設計されていますので楽にお手入れができます。

  • 施工管理システム

排気の仕組み

排気の仕組みは二通りあります。換気扇と呼ばれるプロペラファンタイプとレンジフードと呼ばれるシロッコファンタイプです。
大きな違いは直接排気であるか、ダクトを通して排気するかにあります。
ここでは、二つの排気の仕組みをご紹介します。

換気扇タイプ

直接排気 一戸建てに向きます。

レンジフードタイプ

ダクトを通して排気しますので、どんな場所にも取り付け可能です。

ファンの種類と特徴

換気扇は、ファンを用いて油煙を吸い込みます。
ファンの種類と特徴は以下の通りです。

プロペラ型

プロペラファンは、取り付けには換気扇が外壁に接していることが条件です。
具体的には屋外に直接排気できる一戸建の住宅に適していますが、高層階の建物や排気に長いダクトを必要とする場合には向きません。

安価で取り付けできることや風量が大きく騒音も小さい点は良いですが、静圧が低いという欠点があります。
※ファンの風量とは風が出る量であり,静圧とは風が静止した状態で周囲を押す力のことです。静圧が大きいほど,風を遠くまで送ることができます。

シロッコ型

静圧の低い環境ではプロペラファンに排気機能は劣りますが、静圧の高い場合でも安定して排気ができるのが大きなメリットです。

高層階で風が強くダクトも長くなりやすいマンション等で、使用されるのがこのタイプです。
また、静圧が高いときでも換気量を確保できるので、気密性の高い住宅に適しています。キッチンメーカーのオプションとして選べるレンジフードは、ほとんどがシロッコファンとなっています。

ターボ型

プロペラファンとシロッコファンの中間的特徴を持っています。
静圧が低めで、大きな風量が必要とされる場合や、風量や効率を求められる場合に使用されます。

比較的長く、後ろ向きに反った羽根がとりつけられ、ファンの中では最も効率がよい換気扇です。浅型レンジフードやダクトファンなどに多用されます。プロペラファンよりターボファンのほうが音が静かな上に、手入れがしやすい利点があります。

  • 施工管理システム

交換のポイント

レンジフードは高いところにあるため、足場を確保する手間もあり、掃除がしずらい場所の一つです。
しかし、普段から手入れをすることで、劣化の様子を把握することができます。特に10年を過ぎて以下のような状態になったら、交換の目安としてください。

  • 音が前よりもうるさい
  • 匂いがいつまでも残る
  • 汚れが付きやすくなった
  • 振動が前よりもひどい
  • 金属の回転音がする
  • スイッチの接触が悪い

費用相場

費用相場

安いタイプでは本体価格のみで2万円から、最新機種では25万円を超えるものもあります。
レンジフード本体価格+工事費用+出張費用となりますがその他、解体費や加工費、廃材処分費などが発生することもあります。

選び方のポイント

ここではレンジフードの選び方のポイントをご紹介します。

幅を確認

標準サイズは、60cm・75cm・90cmの3つあります。
横幅の違いによる機能の違いはありません。新しいレンジフードの幅を決める場合は、現在設置されているレンジフードの幅を基準にして決めましょう。
横幅を変更する場合、大掛かりなリフォームが必要になることがあるため、リフォーム有無の希望を伝えた上で選ぶと良いでしょう。

手入れのしやすさで選ぶ

従来のフィルターは、掃除が大変でした。
そこで近年はフィルターのないタイプが主流になりつつあります。ノンフィルターですからフィルターが汚れることもなく、効率的に油煙を排気できます。
吸い込んだ油はオイルトレーにたまり、お手入れも簡単にできますので、掃除に時間を避けない方におすすめです。

連動換気機能で選ぶ

連動換気機能とは、1台のスイッチで別の機能と換気扇の両方が、ONになる機能です。
連動換気機能があることで、換気扇の付け忘れ、消し忘れを防止することができます。
ここでは、様々な連動換気機能についてご紹介します。

コンロ連動

ビルトインコンロの点火・消火伴い、レンジフードの運転・停止が自動的にできます。

ダンパー連動

レンジフードの運転・停止に伴い、室内の給気口が開き自動的に給気を行います。

同時給排気

レンジフード一つで換気だけでなく、給気も行うタイプです。高気密住宅などに多く使用されるタイプで、上部の空気孔から給気します。

給気ファン連動

レンジフードが運転・停止すると、室内全体の給排気システムが連動して給気を行うタイプです。
高気密住宅のマンションなどに多いタイプで、マンションに寄っては、市販のレンジフードに取り替えないように決められている場合があります。

その他

他にもさまざまな選定基準があります。
そのうち3つご紹介します。

静かさで選ぶならシロッコファン

キッチンの間取りを選ばず設置できますが、風量が小さいデメリットがあります。

効率や風量で選ぶならターボファン

羽根が少ないので、シロッコファンに比べてお手入れしやすいのもメリットです。

自動洗浄機能

このタイプはファンとフィルターが一体化して、効率的に油分が集めることができます。洗いながらファンが回っているイメージですね。洗浄できるのはファンとフィルター部分だけなので、他の部分の掃除が必要です。

タイマー機能

レンジフードのタイマー機能は、ふつう1〜6分くらいまで設定できます。毎回調理後にタイマーをセットしておけば、消し忘れがありません。料理の後匂いが残らないように稼働することや、外出する際に少キッチンの換気をするなどの使い方もあります。

  • 施工管理システム

レンジフードメーカーの紹介

レンジフードを扱うメーカーをご紹介します。

リンナイ

ガスコンロの販売から始まったリンナイですが、キッチン周りの製品の展開はオシャレに使いやすく!使いやすさに定評があります。

パナソニック

家電から住宅設備まで、幅広く製品を展開するパナソニックも人気のレンジフードを取り扱っています。調理センサーで温度を感知して、自動で省エネ運転を行なうタイプもあります。

施工業者の紹介

レンジフードを取り付ける施工業者をご紹介します。

リクシル

最短30分からの短時間リフォーム!リクシルPATTOリフォームは、フリーダイヤルで相談を受け付けています。直接お悩みを訴えることで、より良いリフォームがお手頃価格で実現します。

交換できるくん

見積もり金額=お支払い金額
現場状況によって部材費やオプション費が発生する場合はあらかじめお見積りの際にお知らせいたしますのでご安心ください。

業者の選び方

業者は何を基準に選べばよいのでしょうか。
ここでは、業者の選び方についてご紹介します。

業者の紹介サイトを利用

電気工事も伴う施工が必要になりますので、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。上記の”リクシル”や”交換できるくん”も業者の紹介サイトとも言えます。
実績のあるサイトや提携会社を紹介するサイト、サイト上に出店するなど様々な業者の紹介サイトがあります。

その他の業者紹介サイト一覧

沢山の人の情報が詰まったこれらのサイトを使いこなすことで、あなたの望む情報を得ることができます。

家仲間コム

月間約30万人以上が利用する、日本最大級のリフォーム業者検索サイトです。
良いリフォーム会社=まじめ をコンセプトに地域密着型の業者の紹介に信頼がおけます。
▶ 参考:家仲間コムはこちら

電気工事110番

電気工事を伴う工事の実績が多くあり、豊富なサービスメニューに定評があります。
法人から個人まで365日24時間対応で相談を受け付けています。
▶ 参考:電気工事110番はこちらから

zehitomo(ぜひとも)

Zehitomoは2015年に2人のアメリカ人の「日本人の働き方をもっと自由に、もっと豊かにしたい」という想いから生まれたサイトです。
▶ 参考:zehitomo(ぜひとも)はこちらから

日本が世界に誇るクオリティの高い人材やサービス、優秀なフリーランスや中小企業と個人を結ぶことで、自由で豊かな働き方とライフスタイルを目指しています

住宅の施工やリフォームしてくれた業者を利用

新築の時から付き合いのある施工業者や、リフォームしてからお付き合いのある施工業者を通して、レンジフードの交換を依頼をすることもできます。仕事ぶりや人柄を信頼して仕事を依頼することになりますから、満足の行く仕事につながります。

お役立ちサイト

その他、レンジフードの取り付けをする際におすすめのサイトをご紹介します。

価格.com

人気のレンジフードのランキングと価格の比較サイトです。
▶ 参考:価格.comはこちらから

激安水回り

お手入れが楽な最新のレンジフードの比較検証しているサイトです。
▶ 参考:激安水回りはこちらから

家事ネタ

レンジフードの掃除の仕方を詳しく解説しているSサイトです。
▶ 参考:家事ネタはこちらから

リフォーム業界の工事管理なら『建築業向け管理システム アイピア』

建築業向け(リフォーム・工務店)管理システム アイピア

アイピアは建築業に特化した一元管理システムであり、顧客情報、見積情報、原価情報、発注情報など工事に関する情報を一括で管理できるため、情報集約の手間が削減されます。 さらに、アイピアはクラウドシステム。外出先からでも作成・変更・確認ができます。


まとめ

毎日使うものは使い勝手のいいものを選びたいですね。
特にキッチンは清潔に保ちたいものですが、なかなか掃除の時間は確保できないため、最新式の自動洗浄機能が付いたレンジフードは、大変人気があります。

ただここでちょっと考えてみてほしいことがあります。機能が高ければ高いほど、構造は複雑になって行きます。
部品も増える上に常に温水と油にさらされていますから、故障しやすくなってしまいます。故障した場合に、複雑で部品の多い機種は、修理も高額になります。
また、レンジフード自体も高額になります。単純な構造で故障もほとんど無く、比較的安価ですが、小まめに掃除をする必要のある機種と比べて、いかがでしょうか?

自分たちのライフスタイルが、どんな機種を選択することでより豊かになるのかを、よく検討してお選びになることをお勧めします。

"社内のデータを一元管理"工務店・リフォーム会社が選ぶ!

建築業向け管理システム
Aippear(アイピア)

執筆者情報

side bnr

  • 今こそチャンス!IT導入補助金を使ってお得にアイピアを導入
  • 一元管理による効率化で粗利が平均4%改善しました。株式会社コネクシオホーム課長吉田直樹様 リフォーム・建築業の情報管理にクラウドシステム「アイピア」
  • 読むだけであなたの会社に必要なことがすぐに解かる!建築業・リフォーム関係者必見の業務効率化ノウハウまとめ